Google

Yahoo! JAPAN



芦ノ湖スカイライン リンク集

芦ノ湖スカイライン(あしのこすかいらいん)は、神奈川県と静岡県にまたがる一般自動車道。神奈川県箱根町箱根峠付近の国道1号から、同町の芦ノ湖北岸(湖尻水門)付近に至る延長10.7kmの観光有料道路である。 藤田観光株式会社により建設され、1962年に本線が開通。その後、同社のレジャー関連事業の一環として運営が続けられていた。2007年に株式会社NIPPOコーポレーション(現NIPPO)に営業譲渡され、同社の100%出資子会社である芦ノ湖スカイライン株式会社により経営が行われている。

本線と湖尻線の2路線からなる。本線は神奈川県と静岡県の県境沿いを通る形で、その大部分は静岡県側に位置している。富士山と芦ノ湖両方の景色を堪能できる快適な観光ルートである。 夜間の取り扱いは本線は完全閉鎖、湖尻線は無料開放となる。これは、接続している静岡県道337号仙石原新田線と箱根スカイラインの二路線が、湖尻線を通らなければ箱根に通り抜けできない構造のためである。この点は道路機能の点で問題があると言え、一部からは湖尻線は県や町に譲渡されるのが本来の道路機能の姿という主張を受けている。 2002年(平成14年)集計の平均通行台数は1日1,270台。営業収支率は95.6%で、いわゆる赤字事業路線である。1985年時点で普通車450円だった通行料を一気に600円まで値上げし、赤字脱却を図るも、今一歩及んでいない。 tvkの「新車情報」ならびに「新車ファイル クルマのツボ」では自動車の試走の際に芦ノ湖スカイラインを走行しており、「いつもの山坂道」として親しまれている。またあらゆるカーマニア雑誌や観光雑誌、そしてテレビドラマなどでもよく撮影ポイントとしての需要もあり、赤字脱却を目指す会社がこの点にも着目し、スカイライン路線内で営業としての撮影をする場合、1万円を管理事務所で支払い、撮影許可証なる紙製の腕章の着用を求められる。 たびたび霧が発生するため、その際には走行に十分注意が必要である。

戦後、芦ノ湖周辺を中心とした箱根地区で箱根山戦争と呼ばれる観光開発が繰り広げられていた最中、1959年に藤田観光により建設が開始された。1962年に本線(箱根峠〜湖尻峠)が開通。その後、長らく同社のレジャー関連事業として代表的な箱根小涌園に付随する事業部門(スカイライン課)により運営されていた。 2007年、主力のホテル事業へ経営資源集中を進める藤田観光は、舗装事業以外への事業展開を図る道路舗装業大手のNIPPOコーポレーションへ、当路線の営業権及び道路資産を有償譲渡。NIPPOコーポレーションは100%出資となる子会社「芦ノ湖スカイライン株式会社」を設立し、同社の経営となる

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010-2013 芦ノ湖スカイライン リンク集 All Rights Reserved.

人間関係で悩みを抱えている看護師さんへ リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4